2018年1月試験

FP3級 学科試験 2018年1月 問42(過去問解説)

三択問題

分野:金融

元金2,000,000円を、年利2%(1年複利)で3年間運用した場合の元利合計金額は、税金や手数料等を考慮しない場合、【?】である。

  1. 2,097,544円
  2. 2,120,000円
  3. 2,122,416円



解答

3

解説

2,000,000円を3年間、年利2%で複利運用した場合の元利合計金額の計算式は、2,000,000円×(1+0.02)×(1+0.02)×(1+0.02)になります。

  • 1年間運用した場合の元利合計金額:2,000,000円×(1+0.02)=2,040,000円
  • 2年間運用した場合の元利合計金額:2,040,000円×(1+0.02)=2,080,800円
  • 3年間運用した場合の元利合計金額:2,080,800円×(1+0.02)=2,122,416円
田口先生1
田口先生
本問は、2019年1月試験の第13問2020年9月試験の第12問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。