2018年1月試験

FP3級 学科試験 2018年1月 問15(過去問解説)

正誤問題

分野:金融

金融商品取引法に規定される「適合性の原則」とは、金融商品取引業者等は、顧客の知識、経験、財産の状況および金融商品取引契約を締結する目的に照らして不適当と認められる勧誘を行ってはならないというルールである。




解答

○(適切)

解説

金融商品取引法の第40条で「適合性の原則」に関する規定が定められています。

具体的には…金融商品取引行為について、顧客の知識、経験、財産の状況及び金融商品取引契約を締結する目的に照らして不適当と認められる勧誘が禁止されています。

例えば、「出来るかぎり手堅い投資がしたい」と考えているお客さんに、手数料がたくさん取れるからといってハイリスクハイリターンの金融商品を勧めたりしちゃダメ!ということです。

その他、金融商品取引業者が遵守すべきルールとしては「過大広告の禁止」「契約締結前に書面を交付する義務」「断定的判断の提供禁止」「損失補填の禁止」などがあります。

田口先生1
田口先生

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。