分野:タックス

正誤問題

 国債や地方債などの特定公社債の利子は、所得税において、申告分離課税の対象となる。




解答

○(適切)

解説

 特定公社債の利子は、所得税の利子所得として申告分離課税の対象になります。なお、申告不要制度を利用して源泉徴収(税率20.315%)だけで課税関係を終了することも可能です。