2018年1月試験

FP3級 学科試験 2018年1月 問43(過去問解説)

三択問題

分野:金融

債券の信用格付とは、格付機関(信用格付業者)が、当該債券の信用評価の結果を記号等で示したものであり、一般に、【?】格相当以上の格付が付されていれば、投資適格債券とされる。

  1. シングルB
  2. トリプルB
  3. トリプルC



解答

2

解説

債券の信用格付では、トリプルB格相当以上の債券を「投資適格債」、ダブルB格相当以下の債券を「投資不適格債(ハイイールド債)」と呼びます。

信用リスクと格付け
AAA 投資適格債 低い

信用リスク

高い

低い

期待利回り

高い

高い

債券価格

安い

AA
A
BBB
BB 投資不適格債
(ハイイールド債)
B
CCC
CC
C
D

田口先生1
田口先生
本問は、2021年5月試験の第43問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。