分野:不動産

正誤問題

 不動産取得税は、生前贈与により不動産を取得したときには課されない。




解答

×(不適切)

解説

 不動産取得税は、不動産を購入したときや贈与を受けたときに取得者に課される税金です。よって、生前贈与により不動産を取得したときにも課されます。

 なお、相続法人の合併により不動産を取得した場合、不動産取得税は課されません(※登録免許税は課せられます)。本問とあわせて押さえておきましょう。