分野:リスク

四択問題

 生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 養老保険は、被保険者に高度障害保険金が支払われた場合でも、その被保険者が保険期間満了まで生存したときには満期保険金が支払われる。
  2. 一時払終身保険は、契約後一定期間内に解約した場合、解約返戻金額が一時払保険料相当額を下回ることがある。
  3. 外貨建て個人年金保険の年金を円貨で受け取る場合、外貨と円貨の為替レートの変動によっては、年金受取総額が払込保険料相当額を下回ることがある。
  4. 収入保障保険は、死亡保険金が年金形式で支払われるが、一括支払いの請求をして一時金で受け取ることもできる。



解答

1

解説

 1.は不適切。養老保険は、被保険者が死亡した場合には死亡保険金、所定の高度障害状態なった場合には高度障害保険金、保険期間満了まで生存した場合には満期保険金が支払われる保険です。

 これらを重複して受け取ることはできないため、被保険者に高度障害保険金が支払われた場合、死亡保険金や満期保険金を受け取ることはできません。

 2.は適切。一時払終身保険は、契約後一定期間(※期間は保険によって異なります)、解約返戻金額が一時払保険料相当額を下回ります。

 3.は適切。外貨建て個人年金保険の年金を受け取るさいは、換算基準日の為替レートにより円に換算されます。

 よって、為替相場の変動により円高が進んでいた場合は、(円換算ベースの)年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることがあります。

 4.は適切。収入保障保険は、被保険者に万が一のことがあった場合に、被保険者または遺族に保険金が支給されるタイプの生命保険です。

 受け取り方法に制限はないため、年金形式で受け取ることも一時金で受け取ることもできます。なお、年金形式で受け取る場合は受取期間中の運用分も加味されるため、一時金で受け取る場合よりも受取総額は多くなります。